header title

                  Sung      作詞作曲 怜花

 

二人で旅に出よう そんな遠くには行かないけれど
自転車もバスもやめよう たまにはゆっくり歩こう


時々立ち止まって腰を下ろそう
メロディーに乗せて思い伝えさせて?

 

たった二人in the river
あなたのためmake it for you
この歌を歌いましたend you were crying
今この場所 残ってるのは思い出だけ
あの頃のあなたはもう居なかった

 


二人で夢を見よう そして膨らまそ大きめにね
夜が明けても語ろう 未来は輝かせられるよ


たまには客観的に自分見つめて
リズムに合わせて勇気与えさせて?

 

たった二人in the park
少しだけでもyou make cheerful
この歌を歌いましたand you were laughing
今この場所 残ってるのは思い出だけ
あの頃のあなたはもう居なかった

 

今でも覚えているのですか?
口ずさんでくれたら
うれしいな

 

 


        ひまわり     作詞作曲 怜花

 

毎日通る道も君となら短く感じた
隣にいる それだけでなんだか顔が綻んだ


だめだこの笑顔
お日様より 眩し過ぎだ!

 

君より背が伸びたひまわりが
僕の心のシャッターを
切るタイミングを邪魔する
麦わら帽子は晴天の空へ
そんなことも気づかない
君の元へと走り出す


 

待ち合わせはいつもゴメンネって走ってくるのに

今日はいつもよりお洒落した後姿が見えたんだ


たまにはこの胸に
飛び込んで こないかな?

 

君より背が伸びたひまわりが
僕の心のシャッターを
切るタイミングを邪魔する
不器用な僕の花飾りを
はしゃいで無邪気に喜ぶ
君の元へと走り出す


ひまわりが下を向くころ
瞳に映る君のピントは
会ってるかな?

 

君より背が伸びたひまわりが
僕の心のシャッターを
切るタイミングを邪魔する
麦わら帽子は晴天の空へ
そんなことも気づかない
君の元へと走り出す

花火日和    作詞作曲 怜花

 

目を瞑る 打ち上げられる
手を握った 傍に居た
鮮明に覚えている
同じ空を思い出せる?

 

夜空に瞬く間に光が
舞い上がって儚く消え去る
それはまるで星のようで
輝き続けはしない
君との夏が終わる
消えないで…と願っていた

 


一本ずつ 静かに灯す
落ちていく すぐ消えた
また廻り夏がきたら
私のこと思い出して?

 

夜空に瞬く間に光が
舞い上がって儚く消え去る
それはまるで星のようで
輝き続けはしない
君との夏が終わる
消えないで…と願っていた


あの日の花火しか
記憶に無いくらいなのに
どうして色褪せてしまうの
まだ塗り替えられない

 

夜空に瞬く間に光が…あぁ
夜空に瞬く間に光が
舞い上がって儚く消え去る
それはまるで星のようで
輝き続けはしない
君との夏が終わる
消えないで…と願っていた




                             ひととき      作詞作曲 怜花

 

どんなに願っても 一緒に過ごせる時間は
限られていて 変わらなかった
離れ離れになるのかなぁ
寂しくなるね はぁ…

 

「好き」って言って
はにかんだ笑顔で ねぇ 笑ってよ

「愛してる」って
耳元で囁いて ねぇ 抱きしめて
こんなひとときが あぁ 愛しい

 


あなたと初めて出会ったのは春だったね
別れの春に変わってしまう
想像したくないね
悲しくなるね はぁ…

 

「またね」って言って
帰り際ほっぺに ねぇ きすしてよ
寝る前には「おやすみ」の
電話で ねぇ 声聞くの
こんなひとときが あぁ 愛しい


行かなくちゃ
言わなくちゃ
とうぶんもう 会えないのに

本当は出来ることなら
このままずっと一緒にいたいよ

 

幸せなひとときよ

思い出に 変わらないで

 

透明       作詞作曲 怜花


大丈夫って声をかけてみた

君はうつむいたまんま

顔を上げてよ 星が流れるかもよ

受け止めたくない現実も

全部背負って重たくなるけど

 

透明なその心を 濁らせていませんか?

いつの日も心は透き通ってる訳じゃないから

見えにくくなる

 

何を思って何を感じているの

言葉にしてみてよもっと

顔を上げてよ虹が架かってるかもよ

消えてしまう前にちゃんと今から変わるのまだ間に合うから

 

振り向かないで前を見て 過去ばかり見てませんか?

伝えられること心にしまい込んでいるでしょう

見透かされない

 

はじめはみんな心は

透明で綺麗なんだよ

汚れてもまた元に戻せばいいの

今 あなたが 大切な人のを

 

透明なその心を 濁らせていませんか?

いつの日も心は透き通ってる訳じゃないから

見えにくくなる